キャバリアのまりん・あくあ姉妹、そしてまりんの息子ティアレの賑やかな毎日をお届けします。


by marine_aqua
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

パピークラス Lesson 3


パピークラスもあれよあれよという間に3回目を迎えました。
これまでのレッスンの復習すべてが宿題になります。
どんどん増える宿題にアップアップのまりんママです(^^;)

b0143546_20544253.jpg

↑今回も盛りだくさんな内容。

教室では毎回違う席に座るよう指示されます。
ワンコに縄張り意識を持たせないためと、
どの場所でも安心してリラックスできるようにするためだとか。




まずはアイコンタクト。
おやつの匂いを嗅がせルアーにして左右に動かした後、グーでワンコの目の前で手を止める。
その時に手をかけたりなめたりしたらNG。
鼻を離したら褒め、パーでおやつを与える。
更に目を見たら褒めてパーでおやつを与える。

ティアレは手で無理やり取ろうとしたりしつこく鼻でくんくんしたり。。。
どうしたらおやつがもらえるか考えようよー。
先生からは、
「要領がよくて頭を使わない」のは典型的末っ子タイプとのお墨付きをいただきました(^^;)

確かに、下のこになるにつれて要領がよくなっているかも!?
オスワリもフセもお姉ちゃんたちを真似してなんとなく出来るようになってるしねー。

このタイプは最初は時間がかかるけど一度ルールを理解したら早いそうです。(ホントか?)


b0143546_20574539.jpg


全員が変装して、怪しい人からおやつをもらう練習。
各自自前の変装道具で皆さん気合入ってます(笑)

b0143546_217451.jpg


どんな人にもフレンドリーにできるように。
人の手はおやつをくれるとってっもいいものだよ~。
もちろん食いしん坊のティア坊は問題なくクリアです(^^)v


トラストポーズ(背中を飼い主側に向けて横向きに寝かせる)で全身をマッサージ。
少し手荒にハンドリングすることで自信をつけさせる。
体を触られることを好きになるように → 病院での診察もレントゲンも平気。
緊張をほぐす。

そして、一番苦戦した「マッテ」のレッスン
無言で左に伏せさせた状態からスタート。
首に置いた手を離し、動かなかったら褒めてまた手を置く
立膝に、両足で横に立つ、一歩前に出て戻る、向かい合う、リードを引く、一周する

いつでもどこでもその場所で待てるように教える。

最後にゲームをして本日のレッスン終了です。


レッスン後も苦手項目の補習中。

b0143546_20595317.jpg

トラストポーズで緊張をほぐします。
ティア坊、一見リラックスしているように見えるけど
実は体はプルプル震え、後ろ足ピンピンに張って宙に浮いてます(笑)
逃げ出すチャンスをうかがっているのか!?

前田先生の手にかかるとどんなワンコでも待てるんですよねー。
シュナウザーの茶々丸くんも上手に待てましたよ。


苦手だったゴロンも鳴海マジックで出来るように。感激!!

b0143546_21395164.jpg


懐かしいお友達にも会いました。

b0143546_212764.jpg

まりんの同級生、ハイル。
あくあの同級生、くーとココア。
小さなパピっ子だったのにみんな立派になったね^^

我が家のちびっこ(デッカイケド)もよろしくね!

パピーレッスンも今回で3度目の受講になりますが、何度受けても考えさせられることばかり。
基本に戻るいい機会を与えてもらっています。
「信じていれば必ず応えてくれるから諦めるな」という鳴海先生の言葉。
優しくて力強くて愛に満ち溢れた前田先生のお話。

ついつい忘れがちになる『褒め言葉』
真剣になればなるほど顔はこわばり褒めることを忘れてしまいます。
最高の笑顔で「イイコだね」って褒めてあげることが何よりも大切なことなんですよね。
褒められることがワンコにとって一番のご褒美になるようにねー。

[PR]
by marine_aqua | 2010-03-11 21:05 | トレーニング